ボーンキャビテーション治療

神経、血管を失い感染を起こした失活歯、

失活歯の周囲の感染した骨、

歯を失った後の感染した骨

のことをキャビテーション(NICO)と呼んでいます。口の中ではあまり自覚症状が無くても血管やリンパを通り全身へ運ばれ重篤な二次疾患を引き起こす可能性があります。これを病巣感染と言います。病巣感染は99%が歯と扁桃を原病巣として生じていることがわかっておりそれだけ失活歯という歯髄を失った状態は非常に特殊で注意を要する組織です。今後、他の歯は歯髄を失わないように予防に努めましょう。
キャビテーションに関して詳しくは下記アドレスをクリック
 
 

 

Comments