大切な舌の位置に関する知識

 

 上の歯と下の歯に囲まれた空間には舌を収めています。この空間が狭いと舌を収めるスペースが足りずに舌を下げるか後ろに引いてしまうことになります。

 下がった舌により空気の通り道である気道が狭くなります。これが非常に問題です。無意識に誰もが行っている呼吸がそれぞれ質が違うということです。365日欠かさず行っている呼吸の質が高いものであれば体は強く健康でいられるのではないでしょうか。自然な質の高い呼吸ができるようになると姿勢も変化します。

 矯正治療にしても、むし歯や歯周病でかぶせものをする場合もすべてこの舌を収める空間に配慮した歯科治療が必要です。

 舌位や筋力の改善には筋機能療法 MFTの章をご覧ください。
矯正治療に関してはRAMPAシステムの章をご覧ください。
かみ合わせによる舌位の改善はかみ合わせ治療の章をご覧ください。
小さい頃からしっかりした呼吸法を身につけるには妊産婦&赤ちゃん歯科の章をご覧ください。

歯科治療を行うと以前より体調が良くなったような気がすると言われるのは呼吸の改善もひとつの要因だと考えています。

Comments